阿蘇山 中岳



(黒川温泉から車で約1時間)

阿蘇に来たら是非とも行っていただきたい観光スポットと言えば、「阿蘇中岳火口」です。 何がスゴイって、噴火口の縁まで行って火口を覗き込むことができるのです。

エメラルドグリーンの“湯だまり”は、穏やかな時でも50〜60度という珍しい「温かい火口湖」です。温泉としては熱め過ぎですね。しかも強酸性なので入ったら骨まで溶けてしまうかもしれません(笑)



ぜひ見て欲しい観光スポットではあるけれど、この中岳火口はいつでも見られるというわけではないのが残念なところです。風向きによって火山ガスが流れてきたり、霧で視界が悪くなったりしたときは、立入禁止となります。

丸一日ずっと見られない日もあるし、数時間だけ見られないという場合もあります。運まかせの「見られたらラッキー」という場所です。どうしても火口を見たいという方にはヘリコプター遊覧という手があります。ヘリコプターなら火山ガス規制に関係なく、上空から火口を見ることができます。



今回おすすめしたいのは、砂千里と中岳登山です。 火山ガス規制で火口近くに行けない日でも、中岳山頂、高岳山頂への登山は可能です。ただ、一部ハードな岩場があるのでお気軽に登れる山とは違うという認識はお持ちください。トレッキングシューズの着用と水の準備は忘れずに。それと、火山ガスには十分ご注意ください。ガスで息苦しくなった場合は濡れたハンカチで鼻と口を覆うと楽になります。



中岳山頂に行くには、まず私の大好きな「砂千里」を通ります。緑の草原と池の景色がステキな「草千里」とは対照的で、黒の砂漠といったイメージです。

日本じゃないみたい!行ったことないけど火星みたい!月面かしら?という感じの場所です。

通称「恐竜の卵」と言われる噴石が絵になります♪中岳登山をしない人も砂千里だけでも見て行って欲しいです。



この砂漠を歩いて行った先に岩場があり、それを30分ほど登りきると中岳の頂上までは火口を上から見下ろしながらの軽快な尾根歩きとなります。自然が造った地層のラインや色がきれいで見惚れてしまいます。







まだもう少し歩けそうと思った方は、さらに30分ほど行けば高岳山頂です。高岳山頂からは火口は見えませんが阿蘇谷やくじゅう連山が見渡せます。さらにその奥に行くと溶岩でできたテーブルのような「天狗の舞台」が見えてきます。ミヤマキリシマが咲く時期は必見!

そしてさらに奥へ行くと高岳東峰。ここから根子岳が見えます。熊本地震前はここから根子岳に行くルートがあったのですが、今は通行禁止です。帰りは月見小屋まわりで歩くとまた違った景色が見られるのでいいですね。

中岳登山は往復で3〜4時間ほどのコースです。ゆっくりのんびり自然の中を歩く旅もいいものですよ。





名称   阿蘇五岳 中岳
山域   阿蘇山
都道府県 熊本県
標高   1,506m

 
by tomomi