わろく屋



黒川温泉で一番長い歴史をもつ老舗旅館「御客屋」さんの姉妹店、「わろく屋」。観光客で賑わう丸鈴橋の一番近くにあるカフェレストランで、あか牛や肥皇豚など熊本のブランド肉と地元食材をふんだんに使用したお料理が味わえます。



明治時代の古民家を移築して造られたという店内は、木のぬくもりに包まれ、暖炉もあり落ち着いた雰囲気です。テーブル席の他にもカウンター席もあるので、お一人様でも入りやすそうです。



メニューは、全て日本語と英語が併記してあります。料理メニューは特徴が書いてあるだけでなく、それぞれに写真が載っていて番号も記載してあるので、海外の方でも注文しやすい気遣いがなされていました。



どのメニューにしようかと悩んでいると、店員さんが声をかけてくださり、オススメや料理の特徴、素材のこだわりなども教えていただきました。この気さくさが黒川らしさだと感じます。 悩んだあげく、私が注文したのがこちら。



一番人気の「三種のカレー」にカツをトッピングした「三種のカレーカツのせ」です。 カツは、肥皇(ひおう)豚という熊本のブランド肉で、柔らかくジューシー!旨味が濃いお肉をサクっと揚げてあり、一口噛んだ瞬間にお肉の旨味が口中に広がります。

カレーは、希少価値の高いあか牛をコトコト煮込んだわろく屋さんの人気定番『阿蘇のあか牛カレー』、肥皇豚とイカスミを煮込んだ優しい甘みが特徴の『肥皇豚黒カレー』、小国ジャージー牛乳をベースにたっぷり生姜と肥後赤鶏を煮込んだちょっとピリ辛テイストの『肥後赤鶏の白カレー』の3種を味わえます。

ちょっとずつたくさんの味を楽しみたい方にはとても嬉しい内容です。



こちらはメディアにもよく紹介されています「あか牛ロースあぶり重」。 風味豊かなあか牛ロースがご飯一面に敷き詰めてあり、自家製のにんにくタレがかかっています。 お肉とタレの相性がよく想像を裏切らない美味しさです。 一日10食の限定商品となります。

「美味しい熊本」を味わいに、わろく屋さんへどうぞ。

【わろく屋】
所在地/〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6600−1
電話番号/0967-44-0283
営業時間/ 10:00〜18:00
定休日/木曜日

by 和田 一美